女の人

乾燥肌で困っている┃洗顔料と化粧水に注目する

健康的なお肌を取り戻す

手

皮脂の量を適正値に保つ

乾燥肌とはお肌が乾燥している状態のことを言うわけですが、もっと専門的な言葉を使うとお肌の表面にある皮脂の量が少なくなってしまったことが原因で水分がより蒸発しやすくなっている状態を言います。水のなかに油をたらすと水面が油の膜でコーティングをされ、その下の水が蒸発しにくくなります。これに近い状態をお肌の表面に作り出すことこそが乾燥肌の対策のひとつのゴールになります。肌の表面にある皮脂の量を適切に保つためには洗顔の仕方や使用する洗顔料の種類がポイントです。まず洗い方ですが、優しく洗うようにしましょう。ゴシゴシとこするのではなく優しくなでるようなイメージです。次に洗顔料ですが、これはできるだけ洗浄力が控えめなものがオススメです。洗浄力が強いと洗い上がりがスッキリで気持ちいですが、乾燥肌対策においてはある程度皮脂が残った方がいいのです。

水分をきちんと供給する

乾燥肌は改善をするために努力することも大事ですが、それと併せて乾燥肌にならないように予防をしていくことも大事です。乾燥肌の予防法として最も一般的なのが化粧水を使うことです。化粧水をつけることでお肌に潤いを与えることができます。論理的にはお肌から蒸発する水分量よりも化粧水で供給する水分量の方が多ければまず間違いなく乾燥肌にはなりません。したがって、適切なタイミングで適切な量の化粧水をきちんとつけるようにすることが乾燥肌にならないようにする上で最も重要な作業になります。また、化粧水ごとに保湿力が異なりますからそういった部分に着目をしてどんなものを使うのかを決めるとさらに効率よく乾燥肌対策を進めていけるでしょう。乾燥肌にならないようにするためにはお肌をコーティングしている皮脂の量とお肌の内側にある水分の量の両方を常に適切な値でキープすることが大切なわけです。

摩擦を起こさないメイク

基礎化粧品

敏感肌は化粧品も刺激物になってしまいます。しっかりと保湿をしたのちに行う化粧品では、顔全体にファンデーションを伸ばすことが必要ですが、ブラシやスポンジの選び方や使用方法に注意すべき点があります。摩擦を起こさないようにすることがポイントです。

もっと読む

肌を若返らせるには

化粧品

アンチエイジング化粧品は肌の状態に合ったものを選びましょう。肌の老化の原因はコラーゲンの不足による乾燥や活性酸素、紫外線などがあります。これらの肌のダメージに効果的な成分はコラーゲンやビタミンC誘導体、プラセンタなどがあります。

もっと読む

肌内部でビタミンCに変化

美容液

ビタミンc誘導体は肌の内部でビタミンCに変化する為、とても効率良く美肌効果を得る事が出来ます。しかし、肌のタイプによって組み合わせる化粧品を適切に選択しないと、折角の美肌効果が得られにくくなったり、乾燥などによって肌がダメージを受けてしまう事もあるので、注意が必要です。

もっと読む

Copyright © 2016 乾燥肌で困っている┃洗顔料と化粧水に注目する All Rights Reserved.