婦人

乾燥肌で困っている┃洗顔料と化粧水に注目する

摩擦を起こさないメイク

基礎化粧品

用品を使い分ける

敏感肌は化粧品をも刺激物として感じ取ってしまうほど、乾燥が進んでいる状況です。そのため化粧品を選ぶ際にもポイントはありますが、メイクの仕方にもポイントがあるのです。化粧水や美容液などは保湿成分のみで構成されているものを使用し、できる限り肌に余計な刺激を与えないようにすることが大事です。しっかりと保湿下地をつくることでその上に塗るファンデーションによる刺激を少なくすることが可能になるのです。そして敏感肌のファンデーションの塗り方のコツは、しっかり伸ばすことが必要になります。使用するのはブラシやスポンジですが、摩擦を軽減させるスポンジやブラシを選択することがポイントになります。それぞれの特徴を抑えて使い分けることが大事です。

ブラシやスポンジの選び方

スポンジは、パウダーがしっかりと肌に密着させることができます。そして伸ばすことも容易にできます。摩擦を少なくするにはスポンジを使用すると効果的です。しかしその使用方法は押さえるように肌に密着させることが大事で、摩擦を起こすようにこすってはなりません。ブラシを使用するメリットは細かい部分まで塗りやすいことです。薄めに仕上げたい時にはブラシのほうが有効です。そして伸ばすことはブラシとスポンジの両方を使用する方法でしっかり顔全体に刺激を指せないように伸ばすことが大事です。敏感肌には肌触りの良いブラシを選択することが大事です。感触などを確認して毛質ができる限り柔らかいものを選ぶと刺激が少なくなります。敏感肌専用のものも販売しているのでこれを使うことも有効です。

Copyright © 2016 乾燥肌で困っている┃洗顔料と化粧水に注目する All Rights Reserved.